「地域助け合い基金」助成先報告

 さいたま自死遺族自助グループ 星のしずく

埼玉県さいたま市浦和区 ウェブサイト
その他

助成額

150,000円2022/02/17

助成⾦の活⽤内容

近しい大切な人が、ある日突然自死(自殺)で亡くなったとき、遺族はとてつもないダメージを心に受けます。そのためパニック症状やショック症状のような状態に陥り、場合によっては後追い自死、もしくは日常生活に支障をきたすほど精神状態が悪化するケースもあります。
同じ経験をした者でなければわからないことも多く、当事者同士の会話や情報交換としてのコミュニティーの場が必要であるのだと、自身の経験からも、この活動を通じながら強く感じています。
二次被害としての後追い自死や、メンタル面での不調を、精神薬等をできるだけ服用せずに、深い悲しみを抱えながらでも生きていく力を培うことを目的とする活動を、もっと積極的に継続し発展させていくために助成金を活用していきたいと、応募させていただきました。
わかちあいの集いや遺族向けのアートワークを通して、心の修復、修繕効果を証明していきたいと考えています。
自死・自死遺族への世間一般的な偏見、差別意識の撲滅活動も視野に入れています。

活動報告

準備中

今後の展開

準備中

添付資料

準備中