「地域助け合い基金」助成先報告

公益財団法人 鈴鹿国際交流協会

三重県鈴鹿市 ウェブサイト
生活支援その他

助成額

120,000円2022/05/11

助成⾦の活⽤内容

新型コロナウイルスによる経済的な影響により心に悩みを抱えている外国人が増加しています。本市では、ブラジル人が突出して多く、窓口にうつ病や子育ての悩み等の相談に来ています。本協会では、ブラジルの臨床心理士の方を招き、自分の言葉で安心して相談できる機会を作りたいと考えています。これは、心に悩みを抱えている方は社会で孤立しがちなため、相談後に地域の日本語教室へつなぐこと、他のイベント等への参加等を積極的に案内することで本協会が生活上の安心感の一助になると考えます。また、これまで窓口相談では子どもの相談が多かったため、三重県教育委員会の外国人児童生徒巡回相談員や外国籍児童・生徒への発達検査等を行っている公認心理士を講師に招き、外国につながる児童・生徒の学習支援活動のボランティアを対象に現状を知り支援の方法を考える研修会を行い支援活動に活かしてもらえるように努めます。

活動報告

準備中