「地域助け合い基金」助成先報告

 「子ども寺子屋カフェ」を運営する会

福岡県宗像市 ウェブサイト
居場所配食・会食その他

助成額

150,000円2022/04/21

助成⾦の活⽤内容

■毎月第二日曜日 「子ども寺子屋カフェ」の開催
一人親家庭、発達障がいなどさまざまな事情で子育てなどで困難を抱えている家庭、一般家庭の小学生の子どもが対象。
学習支援、北欧の教育にヒントを得た教育ワークショップ(アート、身体運動、身体表現、音楽、演劇、創作活動など)、おやつの提供を行う。子どもは10~15人参加し、大学生ボランティアが4~5人、スタッフが5人ほど支援する。

■毎月最終日曜日「家族ダイニング・さんさん」の開催
一人親家庭、発達障がいなどさまざまな事情で子育てなどで困難を抱えている家庭、一般家庭の子どもと保護者が対象。
子どもの孤食を防ぎ、親子のふれあいの機会提供を目的として、親子(子どもだけも可)が集まり、昼食を作っていっしょに食事。食後は保護者は交流会、子どもはスタッフ、大学生ボランティアと外遊びを行う。子どもは平均12~15人、保護者は7~9人ほど、大学生ボランティアが3人、スタッフが3人ほど参加し、25~30人ほど集まる。
食材はフードバンク福岡と利用組合かのこの里から一部提供。それらを困窮家庭にも配布している。
年2回の地域住民(主に高齢者)との交流会、年一回の教育福祉講演会、不定期の子育て相談なども実施。

■本助成金を活用して
・一人親家庭や発達障がい児をもつ家庭の子どもたち、あるいは当会の北欧の教育方法を生かしたワークショップに参加したい子どもたちに、子どもの感受性、情操を育む質の高い教育を実施する。
・保護者を含む地域の大人たちに子ども育成の活動に参加してもらい、地域での子育て意識の涵養に努める。
・高齢者などにも参加してもらう機会をつくり、三世代交流の場として運営する。
・教育、児童福祉に関する講演会を行い、保護者、市民への啓発をはかる。
・子どもの教育に関する個別相談も受けつけ、子育て支援を行う。
・これらをいずれも社協、NPO市民活動センター、宗像市などとの連繋を取って実施する。

活動報告

準備中

今後の展開

準備中

添付資料

準備中