「地域助け合い基金」助成先報告

 焼津福祉文化共創研究会

静岡県焼津市 ウェブサイト
居場所見守り生活支援その他

助成額

150,000円2022/06/16

助成⾦の活⽤内容

1,事業の目的
今日、地域コミュニティへの参画の希薄化とともに、家族機能やご近所の支え合いは、制度や施策等公助ありきの意図的支援が当たり前な社会環境になりつつある。
加えて、長引く、厳しいコロナ禍下、ますます、地域コミュニティのつながりがなくなり、ご近所の支え合いの希薄さが一層浮き彫りになっている。
こうした制約された地域環境の中で、生活している高齢者自身の現状や、地域社会の共助の実情を検証し、コロナ明けの地域社会をどのように望んでいるかを管内生活者の立場から把握し、高齢者の社会的孤立を防ぐとともに、高齢者等の積極的な地域参加を促し、これからの望ましい地域環境づくりを問い、地域ぐるみの支え合いにより、地縁団体への提言とともに、世代を超えた地域住民に対して、地域共生社会づくりの積極的な働きかけをする目的で取り組む。

2,事業の内容
(1)「ホッとする、安心した地域づくりその意識と実態調査」の実施
[調査の目的]
地域住民相互のつながりや支え合いが弱くなり、地域コミュニティへの関わりについて、その意識と実態が希薄化の傾向にあることが浮き彫りになった。さらに、長引く厳しいコロナ禍下、尊い地域コミュニティの希薄化による「共助」「自助」が衰退傾向にある地域環境の中で、管内に暮らす高齢者の現状を把握するとともに、コロナ明けに期待する地域(ご近所)の支え合いの仕組みづくりについて地域社会が果たすべき課題を提言することを目的に実施する。
[調査対象]
「港地域づくり推進会」管内(港第14・23自治会)の65歳以上の高齢者約200名の調査票回収を目標に実施(計350枚)
[報告など]公開型報告研修会、関係機関・団体等の各種研修会で実施。本会通信で経過報告及び考察概要紹介
(2)「調査研究部会(地域共生社会研究部会)」の設置
(3)「ホッとする、安心した地域づくりその意識と実態調査報告書」の作成
(4)「公開型研修会:地域共生社会を語る」の開催
本事業の総括として、2月下旬に「調査報告書」をもとに、「事業経過報告」「事業成果」「調査から見えたものはなにか」「住民主体の地域づくりを語る」をプログラムとして開催する。
(5)「協働団体との意見交換会」の開催
(6)「ご近所福祉を創る集い」の開催
(7)「ホッとする、安心した地域づくり」に向けた広報啓発
本事業の取り組みの経過を広く管内外の関係機関・団体及び市民に報告するため、本会通信により広報啓発する。本事業の意義を管内外に啓発するため、マスコミ各社にその都度情報提供をする。
本会のブログに事業の詳細をその都度アップし、課題提起をする。
「調査報告書」を作成し、菅内外の関係団体等の研修会において報告の機会を持つ。(静岡県コミュニティづくり推進協議会主催「コミュティカレッジ」「民生委員児童委員協議会研修会」「社会教育研修会」等)

活動報告

準備中