「地域助け合い基金」助成先報告

NPO法人 いしかわ多胎ネット

石川県小松市 ウェブサイト
生活支援移動支援その他

助成額

140,000円2022/07/27

助成⾦の活⽤内容

コロナ禍での生活が3年目となり、多胎家庭もその影響を大きく受けております。
主に外出困難からくる孤立感が深刻化しており、自宅に閉じこもる時間が長くなる事から、母親の精神的疲労感が増しています。また、多胎児同士のけんかが増えたり、母親のいらいら感が増しているなどの声が『コロナ禍の多胎家庭実態調査報告書』(特定非営利活動法人「ぎふ多胎ネット」編集)からも明らかである。そこで、多胎家庭をエンパワーする企画として講演会・交流会を対面とオンラインを併用したかたち(ハイブリッド形式)で開催したいと考えています。同講演会・交流会に関しては、石川県内の多胎家庭に広報する予定ですが、幅広い地域の幅広い年齢層の方々に参加して頂けるよう講演内容は、①“多胎児の関係づくりへのヒント”と②“思春期の多胎児たち”の2つを考えています。
①の講演会を年度前半に、②の講演会を年度後半に分けて行い、講演会後、参加者が交流できるかたちで実施する予定でいます。2回に分けて講演会・交流会を開催する事でより広範な多胎当事者の方々に参加いただき、支援活動を共に担っていただける方の発掘をはかりたいと考えています。また、地域の中で多胎家庭の事を理解して頂ける支援者を増やしていきたいと思います。そして何より多胎家庭に元気になって頂きたいと願っています。

活動報告

準備中