「地域助け合い基金」助成先報告

 宗像地区成年後見研究会

福岡県宗像市

助成額

150,000円2022/10/12

助成⾦の活⽤内容

宗像地区においても今後、後見を必要とする認知症高齢者、知的・精神障がい者の増加が予想されます。これに対応・対処する成年後見制度利用促進に関する市民への啓もう活動と実務支援、一定の専門知識と実務能力を身に付け、職務上の倫理を備えた「適切な市民後見人」の育成は当宗像地区においても緊急の課題であると私たちは考えています。
これらの課題達成のための成年後見に関する研修講演会や無料法律相談会を実施し、制度利用の促進と相続・遺言書作成を含めた広い意味での市民生活支援を行って行きます。そのために行政の包括支援事業、社協の成年後見やライフサポート事業、各施設等との連携を図ります。
①研修講演会などの参加者に対して、基礎的知識や実例研究などにより実際場面での問題の把握、問題解決能力向上を図って頂く。
②相談会においても、相談内容を傾聴して、来談者に対して成年後見制度に関する啓もう活動と実際問題解決のための支援を行う。
③家裁への後見申立てや親族後見人の方々の家裁への事務報告作成支援を行う。
④地域包括や社協などと協力し、要後見の方々の把握と今後予想される要後見ニーズを把握し、次年度の計画している市民後見人育成研修に資する。

活動報告

準備中