「地域助け合い基金」助成先報告

 出前茶道部

群馬県高崎市

助成額

150,000円2023/03/06

助成⾦の活⽤内容

当会は茶道の経験を活かして,地域に開かれている居場所や集いの場,サロン活動に対して,茶の点前や薄茶など茶の湯を「出前」しています。居場所などを運営するボランティアの皆様から日々のプログラムでお茶会を開いてもらえないかとの要請を受けて活動しています。ひとり暮らしのお年寄りも本格的なお茶会を楽しみにしていますし,こうした活動の機会をさらに増やしていきたいと考えています。

助成金の活用については,活動に必要な備品や消耗品に充てたいと思います。私たち夫婦は地域からの要請でお茶会の開催に協力していますが,茶歴も短くお茶会を設える道具に不自由しています。公民館の長テーブルやパイプイスなどを使用していますが,茶の湯の雰囲気を設えるにはほど遠いものとなっています。また,抹茶を自分で点てる体験も行っていますが,茶筅や柄杓も数が少なく,多くの参加者に体験していただくことも容易ではありません。助成金をいただければ,専用の立礼棚を購入することができますし,茶筅や柄杓,抹茶など手前どもで持ち出している消耗品も購入することができます。

居場所などに参加する高齢者や子どもたちは,茶の湯や抹茶など精神性の高い日本文化にふれる機会があまりありません。居場所の運営に携わるボランティアの皆様も本格的なお茶会を開きたいと思いながらも,どのように設えて運営すれば良いかわからないとの声を聞いています。また,お抹茶を自分で点てる体験はお年寄りや子どもたちも楽しみにしています。

お茶の文化が衰退しているなかで,地域で本格的なお茶会を楽しみにしているお年寄りや子どもたちの役に立ちたいと思いますし,こうした活動が和の文化を広めるきっかけにもなればと考えています。
そして、失いかけている地域のつながり作りの一助としての活動として地域との連携もしていきます。

活動報告

準備中